旅行

隠れ名スポット!もののけ姫のモデルになった『グランピアンズ国立公園』【オーストラリア・観光】

みなさん、オーストラリアのビクトリア州にある『グランピアンズ国立公園』はご存知ですか?

実はこのグランピアンズ国立公園、ガイドブックにも掲載されていないため、日本人観光客にはあまり知られていないんです。

しかし、欧米からの旅行者には、グレート・オーシャン・ロードフィリップ・アイランドと並ぶ、メルボルン必見の観光スポットとして人気なんです!

今回はそんな『グランピアンズ国立公園』の見どころをお伝えしていきたいと思います。

グランピアンズ国立公園ってどんなところ?

オーストラリアのビクトリア州にあるグランピアンズ国立公園は、メルボルン市内から車で北西へ約3時間のところにある自然豊かな国立公園です。

なんと敷地は約17万ヘクタール。

ビクトリア州最大の国立公園です。

オーストラリアの先住民アボリジニの聖地として崇められており、展望台の絶壁からの景色が絶景!

様々なトレッキング・コースも設定されていて、オーストラリア固有の植物や野生動物が数多く生息しています。

メルボルンっ子のアウトドア・アクティビティ満喫といえば、ここグランピアンズ国立公園です!

グランピアンズ国立公園の見どころ

①The Balconies(ザ・バルコニーズ)

グランピアンズ国立公園の最大の目玉といえば、こちらの『ザ・バルコニーズ』です。

まるで何かの動物が口を開けているかのような奇妙な形をした岩。

実はこの岩がジブリ映画『もののけ姫』のモデルとなったと言われている場所なんです。

犬神モロの住処はここをモデルに創られたとかなんとか。

近くに寄ってみると、その岩の迫力に圧倒されます。

現在は安全上の都合で立ち入り禁止になっていますが、観光客の多くは立ち入り禁止の柵を越えて、記念撮影をしています。

しかし、この岩の周りは安全柵などが一切ありませんので、岩の中や上に登って写真撮影をする場合は完全に自己責任となります。

ザ・バルコニーは駐車場から約1kmほど。

その道中にも、大自然が作り上げた奇妙な形の岩がたくさんあります。

奇岩の奥に広がる緑豊かな景色と、その向こうに見える湖のコラボレーションも絶景です。

②MacKenzie Falls(マッケンジーホールズ)

グランピアンズ国立公園に来たら絶対に外せないのがこちらの滝『マッケンジーホールズ』です。

高さ110mから流れ落ちる迫力ある滝。

階段を下って岩場まで降りることができるので、滝の迫力を目の前で感じることができます。

岩に座って滝を見上げたり、足を水に浸けてリラックスしたり。

マイナスイオンをいっぱい感じることができます。

岩を伝って反対岸まで渡ることもできます。

この岩に立って写真を撮ると滝をバックに素敵な写真が撮れますよ!

駐車場からは1kmほどですが、滝の近くまで行くには階段を降らなければならないので、運動不足の方にはいい運動になると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、実は日本人観光客があまり知らないグランピアンズ国立公園の見どころをご紹介しました。

オーストラリアには大自然の絶景がたくさんあり、その迫力と美しさに息をのむほど感動します。

ぜひ『グランピアンズ国立公園』を訪れてみてください!

 

 

ちゃんゆり