旅行

カラフルで可愛いビーチハウスがたくさん!絶対に行くべきブライトンビーチ【メルボルン観光】

こんにちは、ちゃんゆりです。

みなさん、メルボルンにある『ブライトンビーチ』はご存知ですか?

カラフルで可愛い小屋が無数に並んでいる、とってもフォトジェニックなビーチ。

行ったことがない方もSNSやガイドブックで一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

今日はそんな『ブライトンビーチ』の魅力についてお伝えしていきたいと思います。

この記事を読んだらあなたも絶対にブライトンビーチに行ってみたくなるはず!

カラフルで可愛いビーチハウス

ブライトンビーチといえば、このカラフルで可愛いビーチハウスですよね。

約100軒のビーチハウスが海辺に並んでいます。

しかも全部違うデザイン。

このビーチハウスは「Beach Bathing Box」と呼ばれ、もともとは海水浴客用の更衣室として利用されたことが始まりだそうです。

しかし、現在はひとつずつ所有者がいて個人で管理されているそうです。

なので今は更衣室として利用できません。

普段は鍵がかかっていて中を見ることはできませんが、ときどき所有者の方が来て開放していることもあります。

電気などは通っていないので、日本でいう海の家とはちょっと違いますが、ビーチを訪れた地元民のちょっとした別荘のようなものですね。

お気に入りのビーチハウスを見つけよう!

たくさんのビーチハウスが並んでいるので、端から端まで全てのビーチを見るのは大変ですが先に言った通り、全てデザインが異なるのでぜひお気に入りのデザインを探して見てください!

中でも一番人気はこちらのオーストラリア国旗のビーチハウス。

写真撮影のために行列ができていることもあります。

そして次に人気なのはカンガルーがデザインされたビーチハウス。

オーストラリアっぽいこのデザインも訪れる人たちにとっても人気なので写真を撮るときは並ばないといけないかもです。

ぜひ小屋の前でいろんなポーズをとってフォトジェニックな写真を撮ってくださいね!

 

ブライトンビーチは海もきれい

ビーチハウスで有名なブライトンビートですが、もちろん海もとってもきれいです。

夏には多くの観光客や地元の方たちが毎日海水浴に訪れます。

カラフルなビーチを眺めながら海水浴ができるのはここブライトンビーチだけ!

ブライトンビーチは波も穏やかで家族連れにも大人気のスポット。

夏に行くなら小屋だけ見て帰るなんてもったいない!

せっかくなので海に入ってきちゃいましょう!

ちなみにブライトンビーチは、セントキルダビーチとは違ってビーチの近くにカフェやバーがありません。

そのため、小腹が空いた時にはレストラン街まで行かなければなりませんが、落ち着いた雰囲気でのんびりとビーチを楽しむことができますよ。

ブライトンビーチまでの行き方

ブライトンビーチはメルボルンシティから約13kmほどのところにあり、電車で約25分です。

「フリンダース・ストリート(Flinders Street)駅」から サンドリンガム(Sandringham)線 の電車に乗り、

「ブライトン・ビーチ(Brighton Beach)駅」もしくは「ミドル・ブライトン(Middle Brighton)駅」で下車してください。

降りて西の方へ10分ほど歩くとビーチ沿いにカラフルな小屋が見えてきますよ!

ビーチ沿いには散歩道やサイクリング道路が整備されていて、高級住宅が並んでいます。

電車に乗るときは「myki(マイキー)」というカードが必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の記事ではメルボルンにあるフォトジェニックなブライトンビーチをご紹介しました。

ビーチに向かってこんなふうに無数の小屋が並んでいる風景は日本では見ることはできません。

ぜひメルボルンを訪れたら行ってみて欲しいスポットです。

それでは、みなさん素敵な旅を。

 

Have a nice trip!

 

ちゃんゆり